20th cent. Scandinavian design
トップページに戻ります。メインページ
ご注文はこちらからどうぞ。メールです。お気軽にどうぞ !!

13th floorの
file 3

model
LL

coffee cups

  おなじみ「LL モデル」ではシリーズ全体を通して統一感のあるデザインがされていて、いずれのアイテムも共通のディテールを持っています。
その中で、なぜか コーヒーカップ&ソーサーだけ一風異なるデザインとなっていることにお気づきでしょうか。
平面的な印象のアイテム群のなかで丸みを帯びたかわいらしいカップがワンポイントとして各モデルのラインナップに心地よいリズム感を与えています。
しかも、BersaとRosenfaltとではカップの形がまったく違います。
これは見過ごす訳にはゆきません。
では、さっそく詳しく見てみましょう。




 いずれの カップもその他のアイテムよりも薄く作られていて持ち手も細く繊細な印象も受けます。
サイズは小ぶりで、私たちにはデミタスカップと思えてしまいそうな大きさです。




さらに詳しく比べてみると、カップの形は違うものの同一の規格をもとにデザインされていることが伺えます。
ソーサーについてはまったく同じものが使われていました。
(マウスポインタを画像に重ねていただくと別画像が表示されます)




しかし「Rosenfalt」のカップ、どこかで見たことのある形です・・・



そうです !


こちらもおなじみ「SALIX」のコーヒカップとそっくりではないでしょうか。
ですが「SALIX」はまったく違うモデルのはず・・・。
次は「Rosenfalt」と「SALIX」を比べて見てみましょう。




 
同じ形であることに加え、鉛筆画のような穏やかなデコレーションのためでしょうか、アイテムとしての印象はとても近いものを感じます。

ソーサーの形も同じように見えますが、細かい部分の形や厚み、素材感に若干の違いがあります。


カップだけを並べてみると、まったく同じカップだということがはっきりわかります。
その他のモデルでも、rosenfaltのように無地のカップが使われていることがあります。
   


 さすがStig Lindbergの作品らしく、一つひとつはしっかりと個性を主張していながらも、一列に並らべてみても違和感なく馴染みます。
やっぱり、いとこ同士なんですね。
(マウスポインタを画像に重ねていただくと別画像が表示されます)





同じLLモデルのバリエーション 「BORO」ではコーヒーカップとして「SAモデル」のコーヒーカップが採用されています。
こちらもその他のアイテムと比べると薄手の印象を受けますが、BOROならではのデコレーションが全面に施されていて、こちらも違和感なく同居しています。






各アイテムの詳細はこちらでご覧いただけます。

Stig Lindberg
Gustavsberg, SWEDEN
Stig Lindberg
Gustavsberg, SWEDEN



 
 
13th floor > Main > F.P.O.